■-不撓不屈の精神を-■

外来患者への対応の苦労

医療現場で働く看護師は、患者の対応の最前線にいるのが常である。入院患者には段々と慣れて適切なコミュニケーションを取れるようになる場合が多いが、外来患者の対応に苦労する看護師は多い。
外来の場合には患者の知識レベルが大きく異なるため、言葉を適切に選んでコミュニケーションを取るのが大変になりがちなのである。一辺倒の対応をしていると患者から不満を告げられてしまうケースもあり、少し話をした時点で相手の知識レベルを理解し、適切に対応できるようになるのが重要になっている。

知識だけでなく興味や要求も千差万別なので、適切な形でコミュニケーションを取るのは一種のスキルとも言えるだろう。その苦労を余儀なくされるのは病院でもクリニックでも同じ事であり、医療現場で働く限りは避けられないものだと考える看護師も多い。しかし、待遇次第では外来を行わないと言う選択をする事ができる。あるいは、オペ室勤務のように元々外来患者を扱わない医療現場を選ぶ事もできるだろう。
また、医療現場によって患者の性質が異なると言う点も留意しておくと良い。クリニックでは一般の患者を扱う事になるが、病院になると紹介を受けて来院する患者が多いため、知識レベルも全体として高くなる。専門病院となるとさらに知識豊富な患者が増える傾向があり、医師と話すのと同じレベルでコミュニケーションができる場合も少なくない。苦労を軽減するための手段として、現場による違いも考慮すると良いのである。

取り上げた話題の関連サイト-医療現場の苦労とは?