■-不撓不屈の精神を-■

スキル不足の悩みを抱える事も

現代の医療は急速に発展しているため、次々に新しい医療技術が登場して医療現場に導入されてきている。医療現場で働いている看護師はその勢いに付いていく必要があるのは明らかであり、スキル不足が悩みになりやすい。
新人の間は基本的な業務だけができていれば良いと言う状況であっても、勤続年数が長くなるにつれて特殊なケースを任される事も増えるだろう。その時には、より専門性の高いスキルや知識が必要とされるのが常であり、自分のスキル不足でうまく患者に対応できなかったり、医師の補助が行えなかったりして苦労するようになりがちなのである。

現代の医療の高度化が進む状況を勘案すると、医療現場で働く看護師にとって重要なのは専門性を高める事だろう。万能に動ける事に越した事はないが、それを追求しようとすると膨大な努力が必要になる。最小限の努力で医療現場で必要とされている仕事をできる人材になるためには、自分だからこそできる仕事を増やしていくのが良い。
資格の取得を通して専門的な仕事に携われるようになるのが、具体的分かりやすい方法である。しかし、関連する資格のない業務を専門的に行えるようになろうと考えたら、経験と実績が重要になる。他の看護師に任せるよりも自分に託した方が良いと理解される事によって、その仕事に専念できるようになり、他の仕事を任される機会は少なくなるだろう。それが、スキル不足に悩まされる事態を減らすのに繋がるのである。